寺西眼科では白内障や緑内障、涙目、ドライアイ等の治療や白内障日帰り手術にも対応しています。

診療時間 月曜〜金曜9:00-13:00/14:00-17:00 火曜日9:00-12:00 土曜日9:00-13:00 休診日/日曜・祝祭日
  1. トップページ
  2. NEWS一覧
  3. 当クリニックからのお知らせ
2017年10月16日

(クリックすると、詳細が見られます。)院内勉強会:前視野緑内障について

 寺西院長が前視野緑内障について話しました。
 緑内障とは、高眼圧、視神経乳頭陥凹、視野異常の3兆候を示して進行性の視神経障害を引き起こす疾患です。しかし視神経乳頭陥凹があるけれど視野異常の無い状態があり、これを前視野緑内障と言います。つまり、緑内障性の視神経乳頭陥凹や網膜神経線維欠損などの緑内障を示唆する異常がありながら、視野検査で異常を認めない状態です。OCTの発達によって発展してきた概念です。
 緑内障に類似した正常眼あるいは別の病気のこともありうるので、慎重に診断しなければなりません。。
 ある程度、網膜神経細胞が障害されて、初めて視野異常(網膜の感度低下)が出現します。
 治療にコンセンサス(一致した見解)はありません。危険因子のある時(高眼圧、強度近視。家族歴など)は最小限の治療を開始することもあります。
 まとめ:緑内障や前視野緑内障は、OCT所見だけで判断するのは危険。他の所見も含めて総合的に診断することが大事です。