寺西眼科では白内障や緑内障、涙目、ドライアイ等の治療や白内障日帰り手術にも対応しています。

診療時間 月曜〜金曜9:00-13:00/14:00-17:00 火曜日9:00-12:00 土曜日9:00-13:00 休診日/日曜・祝祭日
  1. トップページ
  2. 目の病気について
眼の診療
コンタクトレンズ
コンタクトについてご案内しています。
医療設備のご紹介
寺西眼科にある最新設備の紹介です。
院長ブログ
当クリニック院長、寺西千尋のブログです。
地図表示
眼の病気について
目の病気について
ここでは眼疾患について出来るだけわかり易く説明します。よく聞く病気でも意外と皆さんが誤解しているのではないかと思われる場合もあるでしょう。また聞いたことがなくとも決して少なくない疾患もあります。
治療にあたり、当クリニックでは「万人に分かりやすい説明」を心掛けています。口頭だけではなく、モニタに患者さんの目の状態を映し、病状や治療方法などを分かりやすく丁寧に説明いたします。
白内障
かすみ目の代表である白内障とは、水晶体の混濁をいいます。多くは加齢によるものですが、他の原因としては糖尿病や先天性のものが有名でしょう。かすむとか視力障害などを来たしたら手術が唯一の治療法です。今や白内障の手術はほとんど場合、安全で短時間にできます。勿論、生の眼を手術するわけですからまれに合併症を来たす場合もあります。

寺西眼科 日帰り手術について
白内障の手術はポピュラーで安全な手術にはなりましたが、生の眼を切るわけですから、リスクもあり 軽く考えてはなりません。ここではこの手術に関して皆様に、当院での術前検査から始まり実際の手技など、お知らせしたいと思います。
1.術前検査
眼軸長計測:眼の長さを測ります。眼の長さにより眼内に挿入する眼内レンズの度が変わるからです。
角膜曲率半径計測:角膜(黒目)のカーブを測ります。上と同様眼内レンズの度を決定するのに必要です。
2.手術手技
麻酔:テノン嚢麻酔。点眼麻酔でする所もありますが、効果が確実ですし、術中思わぬことがあって手術時間が長くなっても心配ないので当院ではテノン麻酔を行っています。
強膜切開:角膜切開は術後眼内炎(化膿)の率が強膜切開より高く、当院では安全のため強膜切開で実施しています。 前嚢円形切除、水晶体の超音波破砕吸引。
皮質吸引・後嚢研磨・眼内レンズ挿入:当院では折畳み眼内レンズを使用しております。
結膜整復で手術終了。
周期性角膜びらん
一度でも黒目(角膜)に傷を付けたりすると、その傷が癖のようになり、びらんの発生を繰り返すものです。黒目はきずつけないようにしましょう。
睫毛内反・乱生
俗にいう”さか(さ)まつげ”です。異物感、ごろごろするなどの症状があります。症状が出てきたら抜去します。レーザーや手術が有効のこともあります。
巨大乳頭状結膜炎
瞼の裏の結膜(眼瞼結膜)、主に上瞼ですが、そこにぶつぶつしたもの(乳頭)ができます。コンタクトレンズによることが多いです。治りにくくまず、コンタクトレンズを止めることが第一です。場合によっては角膜(黒目)がこすれて傷がつくことも少なくありません。
結膜(下)出血
これは突然白目(球結膜)が真っ赤になるもので驚いて受診されます。心配ありません。7~10日位で徐々にひきます。
調節痙攣
いわゆる仮性近視といわれるものです。しかし、真の仮性近視はまれです。